トップ > 医者のための不動産投資 > 投資手法と労力を考える

Comparison

投資手法と労力を考える

他の投資手段と比較したとき、不動産投資にはどのような特性があるでしょうか。それぞれの特性を理解すると、不動産投資がいかに「忙しい方に向いた投資」であるかがわかります。

不動産投資は「忙しい方向けの投資」

投資と聞いて思い浮かびやすいものといえば「株式投資」「投資信託」「FX」などでしょうか。最近では、ビットコインなどの「仮想通貨」への投資も盛んです。
当然ながらそれぞれの投資手段にはリスクとリターンの度合いがあります。さらに加えて「労力(どれだけ手間がかかるか)」という指標を設定して、投資手段を比較してみましょう。

資金計画

リターンの高い投資はリスクも高い

やはり投資の醍醐味は、投資金額に対して何倍も儲かるような高いリターンです。FXや仮想通貨をはじめとしたリターンの高い投資が人気になるのもうなずけます。しかし、リターンの高い投資は当然ながらリスクも高いものです。額に汗して貯めたお金が一瞬で水の泡……といったギャンブル性の高い商品もあります。
もちろんデイトレーダーのように毎日相当の時間を投資に費やせば、それなりに成果を出すことができるかもしれません。ただ、忙しい本業を抱えながら資産形成を考える医師の方々にはあまり向かない種類の投資だといえるでしょう。

労力の少ない投資が望ましい

自身の投資資金がどうなっているか一喜一憂し、休み時間ごとにスマホで値動きをチェックする……そのような投資は、本業の忙しい方にとっては向いていません。投資のことを考えるのは月に一回程度、普段は放っておいてもお金がお金を生んでくれている。そんな状態がベストではないでしょうか。
そう考えたときに、不動産投資は「労力の少ない投資」としてかなり優れています。FXや仮想通貨ほどではありませんが不動産投資は「ミドルリターン」。投資額に見合うだけのリターンが毎月得られ、自身の労力は比較的少なくて済みます。
まさに、医師の方など、本業で忙しくご活躍されている方にぴったりの投資だといえます。

一覧へ戻る
TOP